野菜ジュースおすすめランキング@野菜不足を感じる方必見

野菜ジュース おすすめ

青汁より野菜ジュースがおすすめな理由

 

お手軽に豊富な野菜成分がとれる青汁や野菜ジュースですが、どうしておすすめだと言われているのか探ってみました。

 

●青汁は栄養分が魅力

 

青汁がおすすめなのは栄養価が高いところです。主成分にはケールや大麦若葉が含まれており、野菜の栄養素が凝縮されています。そのため少ない回数でもしっかり栄養が吸収出来るので、栄養補助としておすすめでしょう。他にも余計な栄養分がいっさい含まれていない点もポイントが高いです。野菜から摂れる自然の力に限定されているので、余分な糖質も含まれていません。現在は昔と比べて改良されていてスッキリ飲めるところもいいでしょう。

 

●野菜ジュースがおすすめなワケ

 

野菜ジュースは手軽に緑黄色野菜が摂れるところもおすすめです。野菜嫌いな人でも野菜ジュースならおいしく飲めるという人も多いでしょう。そのような方にとって野菜ジュースは手軽に摂れておすすめなのです。

 

●青汁と野菜ジュースの違いとは

 

普通に売られている野菜ジュースはフルーツや野菜、糖質が含まれていて、クセのある野菜の青臭さを消すためにも比較的飲みやすい野菜を使う事があります。もちろん野菜ジュースにも身体にいい成分はたくさん含まれていますが、青汁に含まれる緑黄色野菜には余分な糖質も含まれず、野菜ジュースより自然です。

 

野菜ジュースには麦芽糖やショ糖などの糖類が加えられている場合がとても多く、青汁より糖質が高くなってしまう事があります。ショ糖や果糖はビタミンB群の働きを妨げてしまうため、しっかりは吸収出来ないでしょう。野菜ジュースが身体に悪いというわけではありませんが、青汁と比べると栄養価は青汁の方が高いという事になります。これまで野菜ジュースを飲んでいた人は、一度青汁を飲んでみるのもおすすめです。

 

糖質の摂り過ぎに注意!野菜ジュースの正しい選び方

 

現代人が抱える問題と言えば野菜不足です。野菜不足を補うためにオススメと言えば野菜ジュースです。野菜ジュースには野菜のうまみや栄養素もたっぷり含まれていますが、糖質も含まれています。このため野菜ジュースを選ぶ時には注意しなければなりません。野菜ジュースを飲み過ぎると危険という声もあるのです。

 

●糖尿病が心配!でも実際はほとんど心配ない?

 

野菜ジュースについてはいい噂もありますが、飲み続けていると糖質を摂りすぎる恐れもあります。しかしこれは「摂りすぎている」事が大前提です。野菜ジュースを毎日飲み過ぎているとビタミン種を過剰摂取してしまい、糖質が多くて糖尿病になるのではと心配している方もいますが、本当に野菜ジュースを毎日飲んでいると糖尿病になるのかというと、ほとんど心配いりません。なぜかというとビタミンの過剰摂取になる事はほとんどないからです。確かに特定のビタミンを過剰に摂取していると身体に負担がかかりやすいですが、野菜ジュースを飲み過ぎていた場合にはこのような危険はありません。サプリメントの過剰摂取などはあるでしょう。

 

人間の体には不要なビタミンは排尿する機能もあるので、ほとんどその危険性を心配する事はないでしょう。また妊娠初期に野菜ジュースを飲み過ぎてしまうとビタミンAの過剰摂取になってしまい、胎児に危険だと言われています。しかしこれはレバーなどに含まれる動物性ビタミンAの場合です。にんじんにはβカロテンが含まれていますが、ほとんど身体には残らないので胎児にはあまり危険はないでしょう。

 

●まとめ

 

野菜ジュースには塩分や糖質が加えられているので、過剰摂取で病気の危険があるのでは?と心配する方もいますが、野菜ジュースはもともと問題ない量のビタミン、糖質の量なので病気になるという情報は正しくありません。ただし病気のリスクがなくても、何か一つの飲み物を飲み過ぎてしまうのはいい事ではありません。野菜ジュースばかり飲み過ぎてしまうのには注意しましょうね。

 

野菜ジュースから摂りたい栄養は?

 

コンビニやスーパーで当たり前のように売られている野菜ジュース。野菜成分がたっぷり含まれていて、飲むだけで必要な野菜成分をしっかり補えると言われています。野菜ジュースから摂っておきたい栄養には何が挙げられるのでしょうか。野菜ジュース、何となく身体に良さそうだと感じますよね。

 

●食物繊維

 

野菜ジュースは食物繊維が少ないと言われていますが、野菜ジュースにも様々な種類があり、食物繊維豊富な野菜ジュースもあります。食物繊維と言えば便秘解消、美肌効果があるというのでも知られています。食事から補うといっても食物繊維は不足しがちなので、野菜ジュースから食物繊維を補うといいでしょう。

 

●ビタミンCが摂れる

 

野菜ジュースの中にはビタミンCが豊富なジュースもあります。ビタミンCは美肌効果やアンチエイジング作用がある事でも知られていますが、免疫機能を高めてくれ、風邪のひきにくい体質にしてくれます。実際野菜やフルーツにもビタミンCが含まれているものが多く、ビタミンCが豊富な野菜ジュースを選んでおくと健康面、美容面共に効果的でしょう。

 

●野菜ジュースの選び方について

 

野菜ジュースを選ぶ時には、次のポイントに従って選んでみてください。

 

・食塩が使われていないもの
・食物繊維が多い

 

●無果汁の方がいいって本当?

 

野菜ジュースは無果汁・野菜100%のものと無果汁のものとがあります。果汁が入っている野菜ジュースはカロリーが高いと感じる方も多いですが、実際はそんな事はなく、栄養成分表をみてみてもそこまで大きな違いはありません。そのため果汁入りの野菜ジュースが太る直接的な原因になるわけではないでしょう。食前にとる事で食欲軽減や血糖値抑制にもつながり、ダイエット効果が期待出来ます。

 

野菜ジュースの効果的な飲み方

 

美容や健康維持のために野菜ジュースを毎日飲んでいる人も多いでしょう。野菜ジュースには効果的な飲み方というのがあります。効果的な飲み方を知っておく事で、効率良く野菜ジュースの効果を身体に取り込むことが出来るでしょう。

 

野菜ジュースにも飲むべきタイミングというのがあります。せっかく飲んでいても効果が軽減してしまうようなタイミングで飲んでしまってはもったいないです。飲む時間を間違えないようにしてくださいね!

 

●朝に野菜ジュースを飲むと効果的

 

野菜ジュースの効果的な飲み方の一つは「朝」に飲む事です。朝に野菜ジュースを飲む事で糖質代謝が良くなり、血糖値が上がりにくくなるからです。これによってデトックス効果も期待でき、腸の働きが活発になります。そしてお通じが良くなり、便秘体質の人も改善していきます。

 

●野菜汁100%のものを飲む

 

果汁がミックスしてあるものは柑橘類が入っている場合が多いです。野菜ジュースの表面に表記があるので、野菜汁100%のものを選ぶようにしましょう。

 

●おやつタイムに野菜ジュース

 

朝に野菜ジュースを飲むのも身体にとって効果的ですが、午後3時頃に脳を活性化させるために飲むのもおすすめです。勉強や仕事、家事に集中したい時には、チョコレートよりも野菜ジュースをチョイスするのがおすすめです。チョコレートだと眠気や集中力減退になってしまう可能性があるからです。野菜ジュースなら少しずつ糖質を補ってくれるので集中力が上がっていくでしょう。この時間帯に野菜ジュースを飲んでおくと、脳の栄養源であるブドウ糖を補給する事で、残り時間の集中力がグンとアップしていきます。

 

●間食代わりに野菜ジュースを

 

午後になってくるとつい甘いものが欲しくなってしまう、ついつまんでしまうという方も多いでしょう。そんな方たちにおすすめしたいのが甘い物ではなくて野菜ジュースです。

 

野菜ジュースがもたらす効果

 

野菜ジュースには野菜がたっぷり含まれているので、野菜ジュースは野菜を食べるのと同じ効果があるのでは?と考えられています。野菜ジュースは他のジュースと比べると少し高めです。野菜ジュースをせっかく飲んだのに効果がなかったというのでは困ってしまいますよね。実際、野菜ジュースを飲んでいるとどのような効果がもたらされるのでしょうか。

 

●野菜ジュースにはこんな効果があります

 

野菜ジュースがもたらしてくれる効果と言えば、次のようなものが挙げられます。

 

・ダイエット効果
・便秘解消効果
・美白、美肌効果

 

どうして野菜ジュースを飲んでいると便秘が解消されるのかというと、食物繊維をはじめとする糖質が豊富だからです。食物繊維は便の量を増やす事によって腸が便を押し出してくれます。また腸内細菌であるビフィズス菌によって分解される時、乳酸や酢酸を作り出してくれ、その酸が腸壁を刺激するとぜん動運動がさかんになるのです。

 

●野菜ジュースで美肌を目指すなら

 

野菜ジュースを美容面に生かしたいと考える人も多いでしょう。美容面で美肌を目指したいのであれば、βカロテンが豊富な野菜ジュースを飲むといいでしょう。具体的にはにんじん、ブロッコリー、トマトなどの成分が野菜ジュースに含まれているものを飲むといいのです。

 

βカロテンとはオレンジ色の色素で、色の濃い野菜に多く含まれています。βカロテンが体内に吸収されるとビタミンAに変換されますが、ビタミンAには皮膚の新陳代謝を促し、美しくて健康的な肌に導いてくれるでしょう。βカロテンは肌荒れやくすみ、にきびの改善にも効果がありますが、ビタミンAを摂りすぎてしまうと副作用や頭痛、吐き気などを
催してしまう事があるので気をつけましょう。